シンポジウム・研究会情報

●教科教育学コンソーシアム 第2回シンポジウム

■ テーマ
 教育課程の基準(学習指導要領)を教科教育学としていかに分析・評価するか
■ 趣 旨
 第一回シンポジウムでは,教科教育学の存立基盤と今後の展望について討論した。第二回シンポジウムでは,教科教育学の立場から教育課程の基準(学習指導要領)をどのように分析し,評価するかについて討論する。教科から見て,教育課程の基準はどうあるべきか,どのような視点と方法で評価可能か,その結果をどう生かすかなど,学習指導要領を一歩引いたところから考察の対象としたい。
■ 主 催
 教科教育学コンソーシアム

■ 期 日:20223月13日(日) 14:30~17:00
 1.開会挨拶(14:30-14:40)
   深澤 清治(教科教育学コンソーシアム代表理事)
 2.討論
 (1)趣旨説明(14:40-14:50)
    清水 美憲(筑波大学)
 (2)提案(14:50-15:50)
    笹野恵理子(立命館大学)
    西村 圭一(東京学芸大学)
    柳沼 良太(岐阜大学)
 (3)指定討論(16:00-16:20)
    淵上 孝 (文部科学省・大臣官房審議官(初等中等教育局担当))
    中垣 眞紀(ベネッセ教育総合研究所・主任研究員)
 (4)総合討論・質疑(16:20-16:50)
 3.閉会挨拶(16:50-17:00)
   深澤 清治(教科教育学コンソーシアム代表理事)

●教科教育学コンソーシアム設立会議 – 記念シンポジウム –

【日時】 2021年3月14日(日)14:30-17:00 (Zoom)
【テーマ】 教科教育学の歴史と展望を語る-私達は何を論じてきたか・論じようとしているか-
【趣旨】 およそ50年にわたる教科教育学の学問史・研究史及び論争史レビューし,教科教育学の存立基盤と未来に向けた可能性を討論する。とくに「教科教育学が問い,解明してきたこと」,「教科教育学が議論し,提起してきたこと」,そして「教科教育学が直面し,挑戦していること」等を共有することで,「教科教育学コンソーシアム」の社会的な使命と課題を確認したい。
【構成・登壇者】 1.開会のことば   14:30-14:40
 池野 範男 (日本体育大学)
2.ご挨拶      14:40-14:50
(1)コンソーシアムを代表して
 深澤 清治 (元広島大学)
(2)コンソーシアムへの期待
 滝沢 泰  (文部科学省)
3.討論
(1)趣旨説明・司会 14:50-15:00
 草原 和博 (広島大学)
(2)基調提案    15:00-15:50
 岡出 美則 (日本体育大学)
 影山 和也 (広島大学)
(3)指定討論    16:00-16:30
 松下 佳代 (京都大学・日本学術会議第一部会会員)
 渡辺 能理夫(東京書籍(株)・編集局長)
 沈  晓敏 (華東師範大学・教師教育学院) 
4.閉会のことば  16:50-17:00
 池野 範男 (日本体育大学)
【主催】 教科教育学コンソーシアム設立会議 日本教科教育学会
【言語】 日本語
   
【チラシ】 こちらから